ネイルセラピーサロン Stage
北海道岩見沢市のネイル・メイク・カラーアドバイスなどで楽しい癒しを提供するサロンです
自分ネイル(うるうる感を表現)
DSC01334.jpg
ご覧のとおり右中指が折れてしまい(右人差し指も若干短め)、ほかとそろえるために伸ばしている期間の臨時的ポリッシュ(マニキュア)。久々に形はスクエアぎみです。シンプルですが、うるうるした感じにしたいなと・・・。レシピを掲載しますので、皆さまもやってみてください。

①手消毒・自爪ケア・プレプライマー塗布後、エッジと全体にベースコートをぬり、ごく薄いピンクの透明カラーを2度ぬりします。
②エッジとつめの長さの3分の1くらいまで先に薄いピンクのラメ入りカラーを1度さっとぬり、フリーエッジ(爪先の白い部分)のみもう一度。このとき、あまり厚くしないことが大切です。
③エッジとつめの長さの3分の1くらいまで爪先にシルバーラメ入りトップコート(もしくはシルバーラメ入りポリッシュ=ベースの色を消してしまわない程度のもの)を1度ぬり、フリーエッジ(爪先の白い部分)のみもう一度。つまり、②と同じ工程をぬるものを変えて繰り返します。
④エッジと全体に③を1度ぬり(もっときらきらさせたい場合は2度ぬり)後、乾かします。
⑤上の③④で使ったものがトップコートでない場合、透明なトップコート(それまでぬったものと相性が良いものにしてください。相性が悪いと先にぬったものが縮む場合があります)をエッジから全体に若干厚めにぬります。
速乾タイプのトップコートを使う場合、それまでにぬったものが十分乾いてからにしてください。表面だけ乾いても中が乾かず、だんだんよれる可能性があります。速乾スプレーを使用する場合はある程度乾いてからにしましょう。
⑥最後につめ周りにキューティクルオイルをぬって完成です。
※たとえ速乾タイプのトップコートや速乾スプレーを使用した場合でも完全に乾くまではしばらくかかります。つめ先を使った作業をする場合は十分に気を付けましょう。
※その後、はげてしまった部分はラメ入りトップコートでの補修が便利です。

<ケア込み参考価格/3,000円>

↓人気ブログランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する